PGC×いろは出版 昼間のパパプロジェクト
「日本中の昼間のパパを応援したい!」
ご注文はこちら
オヤジの教科書
オヤジの本音を聞いたことはありますか?
この本は、今まで何も語らずただ背中を見せて
働いてきたオヤジたちに本音を聞いてつくらせて
もらった男がオヤジになるための教科書です。

発売日:6月24日
価格:1,470円(税込み)
サイズ:148mm×210mm
頁数:144ページ
立ち読み
画像をクリックすると立ち読みすることができます!
働くオヤジが見せたい姿 働くオヤジが見せたい姿2 オヤジ500人アンケート 働くオヤジQ&A
企画について
日本中の写真館が日本中のオヤジの頑張る姿を本にしました!
『昼間のパパプロジェクト』は、
全国にある約600館の写真館の団体「PGC」と「詩人きむ」が代表を務める「いろは出版」の
コラボレーション企画です。

全国の写真館が撮った日本中のパパの写真を主役にした本を出したい!

家族のみんなが普段見ることがない「昼間のパパ」の姿。頑張り。
その姿を写真を通して伝えることで、パパを応援し、パパの存在を大きくし、
日本中の家族がもっと仲良く、もっと元気になるきっかけをつくりたい!

そんな思いで始まった企画が、「オヤジの教科書」として、ついに形になりました。

この本に詰め込まれたパパの頑張る姿と、家族への想いが
日本中の家族の笑顔の花を咲かせる種になれば嬉しいです!
「PGC」について
若手カメラマンや写真館経営者を育てる、写真館の団体です。
北海道から沖縄まで約600館の写真館が加盟。
PGCは、Pioneer(パイオニア)Green(グリーン)Circle(サークル)の略です。
写真は人を幸せにするもの。家族の絆を深めるもの。
無料撮影会や写真展などを通じて、写真が持つ「人を幸せにするチカラ」で
普及するボランティア活動を行っています。

「PGCウェブサイト」 http://www.pgc.jp/
「いろは出版」について
10代〜20代に絶大な支持を得ている詩人「きむ」が代表を務める出版社。
きむのポストカードや「日本ドリームプロジェクト」の夢の本シリーズをはじめ、
様々な書籍・雑貨を制作している。
きむの作品集は累計100万部突破、ポストカードは700万枚突破。
平均年齢27歳の約60名の社員が
日本を元気にしたい!世界を笑顔にしたい!という想いで、
新しい時代をつくるものづくりに挑戦し続けている。

「いろは出版ウェブサイト」 http://hello-iroha.com/
パパの写真
書籍『昼間のパパ』への掲載写真は、全国のPGC加盟写真館から集まった写真で、「昼間のパパコンテスト」を開催し、決定していきます!全国から集まったパパの写真をご紹介!
●年齢
36
●パパ歴
5
●職業
瓦製造
●年齢
43
●パパ歴
16
●職業
パン職人
●年齢
32
●パパ歴
9
●職業
酪農業
●年齢
28
●パパ歴
1
●職業
自動車販売
●年齢
33
●パパ歴
8
●職業
消防士
●年齢
24
●パパ歴
1.5
●職業
鍛冶工
もっと見る!
メディアの方へ
パパの撮影の様子を取材していただけます!
『昼間のパパプロジェクト』は、全国の写真館のカメラマンが
パパを撮影させていただくところから始まっています。
かっこいいパパの姿だけではなく、撮影時に聞こえてくる「パパの本音」や、
日頃は口にしない「家族への想い」など、様々なドキュメンタリ−が生まれています。
写真館とパパが出逢うことから始まる、全国の家族が「絆」を深めていく様子を
取材していただけます。
【『昼間のパパ(仮)』出版概要】
発行・編集:いろは出版 日本ドリームプロジェクト
写真協力:PGC
【取材に関するお問い合わせ先】
PGC 出版プロジェクト担当:登里直樹(ノボリザトナオキ)
TEL:090-3487-8290 mail:nobori@smile.ocn.ne.jp
兵庫県南あわじ市市福永544-11 ちどり写真館
TEL:0799-42-1793
※マウスでドラッグすると画像を移動できます。
×閉じる